20代転職・就職活動の流れ

 今の仕事がなんとなく嫌であったりやりがいが感じられないから転職する。

 こうした動機も悪いことではありませんが、例えそうであったとしても、必ず前向きな気持ち、そして向上心を持って転職について考えましょう。

 それが転職活動の正しい姿であり、ここに紹介するそれぞれのステップを正しく見極めることにも繋がります。

転職活動前の準備

 転職を「逃げ」として利用していませんか?仮にそうではなくても、20代が転職するとなると、きっと周囲はそういった見方をしてくるでしょう。

 ポジティブな考え方で転職しなければならない、これを意識するだけで転職の準備は整ったも同然。どうせなら高い目標と理想を掲げ、転職活動を始めましょう。

<関連記事>


求人情報の収集

 若い人は経験値が低いので、何でも額面通りに受け取りがち。求人に記載してある年収や「実務経験不問」などの文字・数字が全て本当であるとは限りません。

 その企業の出している情報だけではなく、客観的な視点でそれぞれの求人を精査することも転職活動においては求められます。

<関連記事>


応募書類の書き方

 履歴書や職務経歴書などを企業へ送ったものの面接にまで辿り着かない。きっとそんな人も出てくるでしょう。それを「縁がなかった」と捉えるのは間違いです。

 なかったのは縁ではなく、書類作成能力に他なりません。であれば、書類選考で通るように、最初からその能力を身につけた上で作成するようにしましょう。

<関連記事>


面接の対策術

 面接対策にはある程度のノウハウがあり、質問に対する回答例も存在しています。

 しかし、それをそのまま実践してしまうとステレオタイプの人間だと思われ、内定を受け取るのは難しくなるでしょう。

 ノウハウを自分なりにアレンジしてオリジナリティを出す。若い人にはそのくらいの勢いが必要です。

<関連記事>


退職と入社の準備

 会社は電話ひとつ、辞表1枚で辞められるものではありません。若い人はそこをあまり理解していない。

 特に同業種への転職の場合には辞めた後も何かしらの繋がりが残る可能性もあります。将来自分が不利にならないよう、退職については特別気を配った準備をして臨むようにしましょう。

<関連記事>


ページ上部へ戻る