20代の転職サイト活用術

記事中ヘッダー画像NEW

 2013年9月に、『転職会議(http://jobtalk.jp/)』という企業の評判や噂に関する情報を集めた転職クチコミサイト運営する株式会社リブセンスが、転職やブラック企業に関する調査を行った結果を発表しました。対象は、転職経験のある20代のビジネスパーソン516名です。

 その結果、転職理由が「残業が多い」「他にやりたい仕事があった」など、ネガティブな理由が上位を占めることがわかりました。そのため、20代が転職サイトで求人情報を閲覧する際に、「社風」や「福利厚生」を重視する傾向があるようです。

ポジティブなやる気に繋げるかを表現することが重要

 日本でブラック企業が社会的問題になっているのは事実ですし、転職を願うのも無理はありません。

 ですが、採用する企業側から見ると、ネガティブな理由で転職を希望する人は、自分の会社に入社して何か不満を見つければ、同じように退職するのではないかと疑ってかかるものです。そのため、応募書類や面接で、ネガティブな理由を変えることはできなくても、それをポジティブなやる気につなげるかを表現するのが、とても重要なことなのです。

 転職サイトでは、20代に限らず、転職を成功させるためのノウハウを、無料で公開しています。こうしたコンテンツを読み込んで、職務経歴書や自己PR文を作成してみることをおすすめします。中には、職務経歴書を書くためのツールを用意している転職サイトも多いので、フルに活用しましょう。

 転職サイトは、単に求人情報をチェックする場ではありません。転職のノウハウが公開されているということは、あなたと同じ知識を持った人がたくさんいるということでもあります。書類選考を確実に通過するためにも、できる努力はしておきましょう!

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る