20代のうちに取得しておきたい資格

記事中ヘッダー画像NEW

 仕事探しをしている20代のみなさんが、将来のキャリアにつながる資格を取得したいと考えているなら、生涯年収がアップすると思われるものにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

 25歳以上のビジネスマンを応援&サポート する『R25』編集部が、転職支援コンサルティングを行うネオキャリアに取材したところ、収入アップや転職活動で有利に働く可能性が高い資格の上位5つが、「TOEIC・TOEFL」「簿記1級」「基本情報技術者試験」「宅地建物取引主任者」「弁理士」であることがわかりました。

 現在人気の業界で活かせる資格なら、IT系の基本情報技術者試験、活況が続くリフォーム業や不動産業界なら「宅地建物取引主任者」の資格があれば、転職活動では鬼に金棒です。

 難易度が高くても、一生涯役立つ資格を取得したいなら、「TOEIC・TOEFL」「簿記1級」「弁理士」などは、学歴不問で試験を受けられることを考えても、チャレンジする価値があると思います。

資格を取得してスキルアップを目指そう!

 年齢が上がれば上がるほど、仕事に追われて勉強する時間がとれなくなりますし、勉強の進め方を忘れてしまうものです。頭が柔軟で、勉強が苦にならない20代のうちに、将来に備えて資格を取得してみませんか?

 また転職活動中、資格取得のために勉強中であることを伝えると、大きなアピールポイントになります。

 このほかにも、業界や職種に直結する資格はたくさんあります。自分の進みたい方向が明確なら、実務経験がない分、資格取得でスキルアップを目指してみてはいかがでしょうか。パソコンスキルなどは、ハローワークで無料で講習を受けることもできるので、ぜひ調べて参加してみましょう。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る