20代の転職は志望動機で差をつけろ!

使いまわしのきく志望動機ではダメ

 応募者多数の場合の書類選考を行うのは、企業の採用担当者です。

 きた応募書類すべてに丹念に目が通せるほど、会社員には暇がありませんので、履歴書である程度まで絞り込み、興味を持った人材の職務経歴書だけを読んで、さらに面接可能人数までふるい落とします。

 履歴書で確実にアピールするためには、志望動機にどれだけ熱意と説得力があるかが重要です。

 「貴社の経営理念に共感した」「将来性があると思った」「前職の経験が活かせる仕事だと思った」「事業内容に興味を持った」「御社なら自分に成長の場を提供してくれると感じた」などは、一見、とても良い志望動機に見えます。

 ですが、これらは、どんな業界や職種でも使いまわしができる、底の浅い志望動機でしかありません。自分の本心を自分の言葉で書くのが志望動機だと、まずは認識を新たにしてください。
 

20代は志望動機をどう書くべきか

 20代が転職のために志望動機を書くのであれば、きちんと企業研究と自己分析を重ね合わせて、双方のメリットが感じられるものになっていることが不可欠です。

 そのためにも、志望動機を書くときには、まずその業界を志す理由を、そして数ある会社の中からなぜ応募企業を選んだのかを、そしてこれまでの経歴の中で感じた仕事の面白さを入社後どのように広げていきたいかを、意識して書くのです。

 働く自分をイメージしながら、書くように心がけましょう。
 
 
<関連記事>


関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る