途中入社だからこその注意点

20代での途中入社の注意点

 20代も後半に入り、前職でそれなりに実績をあげてきたひとの場合、即戦力として活躍したいと張り切る気持ちはわかります。

 ですが、企業にとっては、自社の社風も製品やサービスの理解も足りていない20代を、前職と同じポジションでいきなり働かせるというリスクは負わないものです。

 まずは、転職先の慣例やルールを理解し、それを一人で確実にできるようになることを意識して、仕事に取り組みましょう。

 また、自分より年下であっても、社歴が長い社員の方もいるはずです。職場では年齢ではなく、社歴がものを言います。

 同僚への口のきき方にも注意が必要です。 
 

自分のスタイルは実績をあげてから

 20代で自分の仕事に自信を持っているひとなら、転職先の慣例やルールより、自分のスタイルの方が業務効率がよいと感じることもあるでしょう。

 良かれと思って改善プランを提案した結果、周囲との人間関係がギクシャクして、働き心地が悪くなった20代のビジネスマンが、数多くいます。

 職場で思うように働きたいなら、成果を上げて、周囲に認めてもらうしかないのです。

 上司や先輩のサポートを受けているうちは、まずは職場になじんで、周囲との人間関係を構築することを念頭において、仕事に取り組むようにしましょう。
 
 
<関連記事>


関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る