転職サイトはスカウト機能にも登録する

転職機能のもう一つの魅力「スカウト機能」

 転職サイトは、自分の希望条件にあった求人情報を、定期的に届けてくれる求人情報媒体です。ですが、転職サイトが果たす役割は、それだけにはとどまりません。

 転職サイトのもう一つの魅力は、自分の経歴をレジュメにしてサイト内で公開しておくことで、企業からのオファーを個人的に待つことのできる「スカウト機能」があることです。

 スカウトといっても、会社説明会などの告知を行う一般的なもの、登録者のレジュメに興味を持ったというお知らせのもの、面接に来るよう呼びかけるものなど、いくつかの段階があります。

 20代の場合、よほどのキャリアと実績がなければ、即面接というわけにはいかないでしょうが、自分でチェックした求人に応募してふるいにかけられるより、オファーがあった企業に応募する方が、面接まで進める確率は高くなります。
 

転職サイトのスカウト機能で見えてくるもの

 転職サイトのスカウト機能を使って、自分へのオファーの数を見ていると、自分の市場価値が把握できるようになります。

 オファーの数が少ないとしたら、レジュメを見直したり、スキルアップのための勉強を始めるなど、付加価値をつける努力が必要です。

 また、希望とは違う業界や職種からオファーがあれば、キャリアチェンジの道も開けます。
 
 
<関連記事>


関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る