転職は計画が要

どんな転職がしたいのかを明確にする

 転職は、勤務先を変えるために行うものではありません。自分の適職に就いたり、キャリアアップをはかるなど、自分なりの目的を持って進めるべきことです。

 自分がかなえたい転職がイメージできれば、それを達成するための計画をたてるのは難しくありません。

 いまの仕事でキャリアアップをしていくのか、あるいは自分が興味・関心をもった業界や職種へキャリアチェンジをはかるのか。

 20代なら、どちらの選択でも求人にさほど困ることはありません。自分が長く働ける仕事をイメージして、まず目標設定をしましょう。
 

転職計画の立て方

 転職計画は、自分で内定をもらいたい時期を設定することからスタートします。

 20代の若者の場合、転職活動開始から1~3カ月で内定を得ることが多いようですが、個人のキャリアや希望する業界・職種によって事情は異なります。

 内定を得るためには、何社かの面接を受ける必要がありますし、面接に進むためには書類選考を通過しなければなりません。

 応募した企業すべての面接が受けられることなどないのですから、逆算して、応募企業数を何社にするかを算出し、企業研究や応募書類を作成する時間まで考えて計画をたてる必要があるのです。
 
 
<関連記事>


関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る