転職の目的を明確にしよう

逃げの転職は必ず失敗する

 20代の転職希望者の多くが、「給料が安い」「なかなか昇給しない」「責任ある仕事を任せてもらえない」「早出・残業・休日出勤が多い」「職場の人間関係が悪い」といった、勤務先への不満を抱えているようです。

 ですが、職場を変わったからといって、現状の不満のすべてが解決できるわけではありません。

 転職直後は、環境が変わったことに満足できても、働くうちに何がしかの不満が出てくれば、また転職したくなるでしょう。

 こうした逃げの転職は、長い目で見て絶対に成功しません。それは、現状を改善する努力をせずに、責任を他人に求めたからです。

 不満を改善するために提案や努力をして、それが報われなくて転職する場合には、もっと前向きな理由が出てくるはずです。

 いま、自分が転職したい理由について、再考してみてください。
 

キャリアアップもキャリアチェンジもできる

 20代は、キャリアアップもキャリアチェンジも手軽に実現できる、実に恵まれた年代です。

 20代からキャリアビジョンを見据えてキャリアアップを目指せば、努力の成果が大きく実るでしょうし、キャリアチェンジするにしても、足りないスキルや知識を吸収する柔軟性があります。

 自分が働き続けられる仕事は何かを大切に、転職活動をしてください。
 
 
<関連記事>


関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る