働く女性20代の転職理由とは?

記事中ヘッダー画像

 リクルートが運営する女性の求人・転職サイト「とらばーゆ」が2013年5月9日~9月12日にわたって、転職理由についての調査を行いました。有効回答数は844名で、その中から20代女性のみを抽出して集計したところ、次のような結果が出たことが報告されました(複数回答)。

 働く女性が20代の転職理由としてあげるのは、「経験の幅を広げたい」(41.7%)、「スキルアップしたい」(37.6%)といった、自分のキャリアアップを目指した前向きな理由でした。その一方で、「給与・昇給など待遇に不満がある」(36.2%)、「休日数、残業、勤務時間に不満がある」(27.0%)など、待遇や職場の環境に不満を感じて、転職を決意するケースも少なくないようです。

複数の情報収集先を持ち、幅広い視野で求人情報を検討することが大事

 20代の転職は、他の世代に比べると有利だと言われています。ですが、自分がどんなふうにキャリアアップしていきたいのか、勤務先に求める条件は何か、どんな職場で働きたいのかなど、転職を決意するに至った経緯を振り返り、その問題が解決できる職場を選ばない限り、同じことを繰り返す傾向がみられるのも事実です。

 そういう意味では、求職サイトで情報収集して応募するより、転職エージェントに登録して、自分のキャリアの棚卸をしながら、プロの目で志向性や適性を見極めてもらう方が、客観的な企業選択ができるかもしれません。

 20代の転職は、初めてあれば尚更、将来につながる分岐点になる可能性があります。後悔しない転職を果たすためにも、複数の情報収集先を持ち、幅広い視野で求人情報を検討しましょう。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る