20代の転職情報

 ようこそ!当サイトでは転職成功を目指している20代の若者に向けて転職のために知っておきたい情報を紹介しています。中でもまず活用して欲しいのが求人サイト。

 数ある求人サイトの人気調査アンケートを行い、その結果に基づいたランキング付けを行っておりますので、ぜひ参考にしてください。

20代の仕事探し求人サイトランキング

※2014年2月の集計結果をランキングで表記

リクナビNEXT[社会人の定番総合求人サイト]
・社会人の多くが愛用する、定番総合求人サイト
・プロフェッショナルの募集から未経験歓迎・大量雇用まで幅広い求人掲載
pi3


リクルートエージェント[プロによる徹底サービス]
・顧客満足度1位(オリコン調査)を記録した、実績あるサポート体制
・数万を超える非公開求人を保有し、あなたにうってつけの求人をご案内します。
pic-q2

※当サイトで紹介するランキングはウェブアンケートの結果を元に作成しております。
※また、利用者の口コミはアンケートアンケートに協力した方から頂きました。詳細はこちら




1、20代での転職も悪いことではない

 20代で自分がしたい仕事や、天職と思う仕事に就ける人など殆どいません。大学を卒業して就職しても、3年以内に約3割が会社を辞めると言われています。その理由の多くが、他にしたい仕事が見つかったからです。この背景には日本の新卒一括採用の雇用制度が原因としてあり、もし卒業するまでに内定が貰えなければ、既卒となりなかなか就職できないことを恐れることも一因です。

 20代で自分がしたい仕事が見つかったり、他の仕事に挑戦することは悪いことではありません。まして今の日本では終身雇用や年功序列などの、独自の雇用制度が崩壊していると言っても過言ではありません。そんな日本の企業では必要がないと、判断された社員は容赦なくクビになっています。そう考えると社員も本当にしたい仕事や、情熱を注げる仕事でキャリアアップした方が利口です。

2、20代の利口な仕事探しの方法

 20代の仕事探しですがネットが普及しパソコンやスマートフォンなどで、就職サイトや転職サイトに登録する人が増えています。就職サイトや転職サイトにもいろいろありますが、自分が希望する条件を入力して検索するタイプと、人材紹介会社が運営するサイトと大きく2つのタイプがあります。検索するタイプのサイトにも自分のレジメと一緒に希望や条件などをアップさせると、企業やエージェントからオファーが届くスカウト機能などもあります。

 人材紹介会社が運営するサイトの場合は専任の担当者が面談で、20代の就職や転職の仕事探しのお手伝いをしてくれます。自分がしたい仕事が見つかっていない場合でも、これまでのあなたの職歴や経験などから最適な仕事の求人を紹介してくれます。さらに
履歴書や職務経歴書などの応募書類の添削や、面接セミナーなども全て無料で参加できます。

ここがポイント!

  • ウェブ上の就職サイトや転職サイトを上手に利用するのが利口
  • サイトにも検索するタイプと人材紹介会社が運営するサイトとある
  • 企業やエージェントからオファーが届くスカウト機能はお勧め
  • したい仕事が見つかっていない人もエージェントの担当者がお手伝いをしてくれる
  • 応募書類の添削や面接セミナーなども全て無料である
信頼できる求人情報サイトを利用すること

 情報を制する者が転職を制すると言われていますが、自分に合ったいい仕事を見つけるためには、多くの求人情報を目にすることも大切です。質の高い情報の中から自分の希望にあった質の高い求人を選別することが重要です。

 30代以降であれば、年を取れば取るほど応募できる求人数が減ってしまい仕事探しが困難になります。しかし20代であれば、まだ社会人経験が少ない人でも未経験者可の求人に応募することも可能です。もちろん20代後半で社会人経験を積んだ人であれば、即戦力としてこれまでのキャリアに応じたポストを好条件で手に入れることもそれほど難しくはありません。つまり一生ものの仕事探しは、20代のうちに決めておくのが得策なのです。

 仕事探しを成功させるためにも、質の高い求人情報を集めた信用のおける情報サイトを選ぶ際は、運営元がしっかりしたサイトを選んでください。しかしどのサイトが信用できるのか判断するのは、なかなか難しいかもしれません。当サイトでは、20代で仕事探しをする人向けに選びぬかれた情報をご紹介しています。あなたの未来を輝かせるためにも、ぜひ参考にしてください。

まとめ

 20代での転職も悪いことではありませんが、20代で転職を繰り返していると人生を間違うかもしれません。転職でキャリアアップをすることができれば、あなたの人生も変わる可能性があります。これからの時代は会社に頼る時代ではなく、会社から頼りにされる人材になるべきです。

ページ上部へ戻る